免許を取得するには

原付免許を取得するためにはまず条件があります。
満16歳以上である事、視力が両方で0・5以上になります。0・5もない方でも眼鏡やコンタクトをして0・5以上あれば問題はありません。
またどちらかが0・5以上ない場合には片方の視野が150度以上あれば問題はありません。
これを満たしている方は都道府県の指定するセンターで試験を受けます。
試験の前に聴力と視力の検査がありますので眼鏡などの準備をしておきましょう。
試験はペーパーのみになりますが合計で48問、そのうちの二問は危険予測のイラスト問題になります。
試験に合格した後は原付の技能講習が行われます。この大体時間は三時間程度になりますが一応この時に運転をしますので運転のできる格好をしておきましょう。
そして取得時講習を受けますと公布され、次からは自由に原付の運転ができるようになるのです。
もしも試験で不合格であった場合はその次の手続きについての説明がありますのでよく聞いておきましょう。技能講習はもちろんありません。
必要となるのは試験費用や手数料などの合わせた金銭、8000円程度と住民票の写しになります。また写真も必要になりますがこれはセンターの方でも撮影できます。シニア01

コメントは受け付けていません。